母ときどきわたし

働く母としてあわただしく過ぎていく。でも二人の子供との愛おしい日々の徒然日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

送り火を焚きながら

RIMG5679_1_1.jpg

宗派によっていろいろでしょうが
実家はお盆の初めに迎え火を焚き
終わりには送り火を焚いて塔婆を燃やします。

塔婆の中には若い男女の戒名が。
男性の方は若くして病死した私の父の兄。
そして女性はその後を追って命を絶った人のものです。

私の伯父にあたる人と婚約していたその女性は
「三十五日までここに居させてください」と私の実家で過ごし
三十五日の日に大量の薬を飲んで亡くなったそうです。
まだ二十歳を少し超えたぐらいだった二人。
せめてあの世では一緒にと実家の仏壇に加わっています。

良い悪いは別として切なくも美しい話し。
こういう生き方をする人もいるのだな。

父の一番末の妹は、たぶんまだ今のペイぐらいの歳で
一生懸命小さな玉をつぶしているその女性に
「何してるの?」と無邪気に尋ね
「飲みにくいから粉にしているの。」と言われ
それを手伝ったそうです。

その時女性は何を思いながらどんな顔をしてその作業をしていたのだろう
と、その女性の塔婆が燃えていくのを見つめながら考えたりします。

その火で花火をする子供たち。
りんはいったいどんな恋をしてどんな人生を歩むのでしょう。

スポンサーサイト
[ 2011/08/18 21:46 ] 家族 | TB(0) | CM(16)
せつないね
昔の人の恋の話は、切ないものが多いね。

万葉集の時代から、人が人を好きになる気持ち、嫉妬の気持ち、、、
そういった感情って、どんなに科学や時代が発展しても変わらないんだなーって思う。

今の時代の子どもたちが、どんな恋をしてどんな人生を送るのか。
本当に、、楽しみでもあり、心配でもありますよね。。。
[ 2011/08/18 23:44 ] [ 編集 ]
好きだったんだろうね

人生いろいろだなぁ

でも 自分で選択した人生

その方は幸せだったと思います。

周りの方に恵まれ 

こうして一緒のお墓に入れる

keymathさんの親戚の方先祖の方も

素敵なんだと思います。

[ 2011/08/19 07:51 ] [ 編集 ]
あああ。きゅうううんと
する恋の話。
悲しくも美しい話。
とても好きでその人以外と
歩む人生が想像できなかったんだろうなぁ。。
別な世で幸せにくらしていると
いいね☆
[ 2011/08/19 09:46 ] [ 編集 ]
なんとも切ない、美しいお話。
ドラマのような・・・

一緒に仏壇に加わってるって
keymathさんのご家族も
いいですね。
[ 2011/08/19 11:01 ] [ 編集 ]
ロミオとジュリエットみたいだね

賛否両論あるだろうけど

一途な恋だったんだろうね



ぽちv-238
[ 2011/08/19 16:00 ] [ 編集 ]
切ないお話ですね。

そして仏壇の中で一緒にいられるのは
keymathさんのご家族の優しい計らい。

一途な恋物語、そんな女性もいたんですね。
今は二人で家族を見守ってくれてるのかな・・・。


私の地方ではお盆におしょうらい(御招霊)という
風習があって、御招霊棒(昔は稲わらの束でした)に火をつけて
「おしょうらい」と唱えながらそれを回しながらお墓の周りをまわるんですよ。
すぐ火が回ってしまうんですが、小さい頃がそれが
したいけど、怖くてわくわくしてたのを思い出しました。
地方でそれぞれいろんな風習がありますね。







[ 2011/08/20 07:03 ] [ 編集 ]
naitinge-ruさん
万葉の昔から・・・。
人間の営みってきっと変わらないんでしょうね。

すべてが軽くなったような世の中でも
こんな恋愛してる人もいるのかも。

女の子を持つと特に心配になりますよね。。。
[ 2011/08/21 18:50 ] [ 編集 ]
よっちママ
これぐらい誰かを好きになれたら素敵かも。
でも苦しいだろうね。

結婚は二番目に好きな人が良いって言うし。

昔の人はみんな人情にあついよね。

明るかった祖母だけど息子を亡くし、
その婚約者も見送った祖母の事を考えると
すごい悲しみを乗り越えたんだな。。。とも思う。

いろんな人生があるけどそういうものすべてを次の世代が背負って
一生懸命生きていかなきゃね。

[ 2011/08/21 18:53 ] [ 編集 ]
けろぴ~ちゃん
こんな生き方もあるんだ・・・。と驚くよね。
そこまで好きになるってどんな気持ちだろう。

本当に今は幸せでいてほしい。
[ 2011/08/21 18:56 ] [ 編集 ]
よっしーさん
小説になりそうな話ですよね。

きっと私の祖母たちも一緒にしてあげるしか考えられなかったんじゃないかと。

伯父の写真はありますが女性に写真はないので顔は知らないのですが
色が白くてきれいな人だったそうです。

今はきっと寄り添って幸せに暮らしていると信じています^^
[ 2011/08/21 18:59 ] [ 編集 ]
きよっぺちゃん
切ないわよね~。
わたしなんかこういう世界からずいぶん遠くに来ちゃったけどさ。

だけどこういう人たちと地で繋がっていると思うと不思議なの。

いろんな人のいろんな思いを背負って精一杯生きなきゃね。
[ 2011/08/21 20:51 ] [ 編集 ]
夢かあさんさん
家の家族にしたらそうせずにいられなかったんでしょうね。
側にいながらという悔む気持ちと、そこまで見家を想ってくれたことへの感謝と。

おしょうらいって初めて聞きます。
本当に地方それぞれ、宗教それぞれ。
でも大切にしていきたいですよね^^
[ 2011/08/21 20:53 ] [ 編集 ]
切ないですね
本当に心に決めてたんでしょうね
35日
なんて切ない話しなんでしょう

妹さんも全て理解できた時は辛かっただろうな

きっと今は天国で一緒になって幸せですね
[ 2011/08/22 14:22 ] [ 編集 ]
93さん
当時の家族にはすごい衝撃だったと思います。
そしてそんな家族の歴史を大切にしたいと思ってます。

今の私たちの幸せは二人のおかげだと思っています^^
[ 2011/08/22 21:12 ] [ 編集 ]
こんにちは。今更ながら涙が出る゜。(p>∧<q)。゜゜こんな話に弱いわ~

命は自ら絶つもんではないと今の仕事で思うけど…

切なすぎるしよく分かる気がする。ほんとはそんな気持ちを忘れずに命を全うしたいけど…

と私が言うたらあかんか(;^_^Aな
[ 2011/08/23 11:33 ] [ 編集 ]
あやこんさん
そうなのよね~。
自らの命を絶つことは絶対いけないと思うけど
こうして過去の話になると美しくて・・・。

だけどやっぱり与えられた命はしっかりまっとうしないとね^^
[ 2011/08/23 22:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。