母ときどきわたし

働く母としてあわただしく過ぎていく。でも二人の子供との愛おしい日々の徒然日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夏休みが終わる

夏休み最後の日。

午前中はペイの夏祭り委員の集まり。
りんを連れて行って
帰りにミスドでお昼食べて

なんでもないパッとしない最後の一日でしたが

幼稚園最後の夏休みなんだ。
来年の今頃はりんも小学生なんだ。

とふいに思いあたりみょーに感慨深いのでした。


その後家に戻ってぺいの帰りを待ちながら
リンの目をアイプチで二重にして遊んだり

宿題とか、勉強とか、そんなこといっさい考えなくてもいい
のんびりとした時間を過ごしていました。


ペイはと言えば、夏休み明け
もともと乱暴だったご近所さんに一段とからまれるようになり。

突き飛ばされて肘をすりむいてきたり
水筒をハンマー投げのように遠くに投げ飛ばされ
泥だらけのボコボコにされてきたり。

突き飛ばされたというのは、特にいきさつがあったわけでなく
「俺の力を見せてやる」的な不意打ちだったらしく。

水筒は室伏がハンマー投げで金メダルをとった次の日なわけで。

「やめてって言ってる?」と聞くと
「言ってるよ~。」

「他の子にもやるの?」と聞くと
「やるけど僕が一番多いかな。」

「何で?」と聞くと
「他の子は怒ってやり返したり、強く言ったり。」

「ペイもそうすれば良いじゃん。」と言うと
「ん~。僕はあんまりそう言うの好きじゃないから。」

どうしたもんかと思いながら
「乱暴されるのは嫌だけどそうじゃない時は楽しいから。」
というペイの言葉にしばらくは見守るしかなさそうだなぁ。。。
とやるせない気持ち。

もっともっと気の合うお友達ができると良いのにね。

小学生になるときっとりんも見えないところで起こる
いろんな出来事に心配したり動揺したりするんだろうなぁ。

そう言えば夏祭り委員の集まりで一つ下の女の子と遊んでいたリン。
その女の子がいたくご立腹で私のところに来て
「(りんに)バカじゃないのって言われた。」

「ど~してそんなこと言ったの?」と聞くと
「だって『お家ごっこしよ』っていったら『それ何か知らない』っていうんだもん。」


お前はやる方か?!ヘ(-_-;)ヘ

スポンサーサイト
[ 2011/08/31 23:00 ] 家族 | TB(0) | CM(17)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。